いつもの缶ビールでOK!ビールが美味しくなる飲み方6つ

いつもの缶ビールでOK!ビールが美味しくなる飲み方6つ

一日の終わりに、キンキンに冷えたビールをグビッとあおる瞬間は格別です。

そんなビールをもっと美味しく飲める方法があるとしたら、試してみたいですよね。

今回は、いつもの缶ビールがさらに美味しくなる飲み方のコツをご紹介します!

いつもの缶ビールをもっと美味しく飲む6つの方法

仕事終わりにコンビニに寄って、帰ったらすぐグビッと一口。

それはそれで美味しい飲み方ですが、飲む前のちょっとしたひと工夫で、ビールの「美味しさ」が段違いに変わります。

今日家に帰ってすぐできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

最適な温度に冷やす

最適な温度に冷やす

「ビールはキンキンに冷えているのが一番美味しい」と思いますが、実は「冷やし過ぎ」はよくありません。

ビールが冷えすぎていると舌がマヒしてしまい、ビール本来の味を感じにくくなってしまうためです。

飲みごろと感じる温度は好みによっても変わりますが、6~8℃が目安とされています。

(参照:キリン お客様相談室

たまに冷凍庫で缶ビールを冷やす人がいますが、破裂する可能性があり危険なのでおすすめできません。

早く冷やしたいときは、ボウル1杯の氷水に塩を小さじ2杯程度加えたものを用意しましょう。

普通の水はどれだけ氷を入れても0℃以下にはなりませんが、塩を加えることで『凝固点(液体が凍る温度)』が下がるため、水温が下がってより早く冷えるのです。

塩入りの氷水につければ、5分ほどで十分飲みごろ温度になります。

ビールに合うおつまみを用意する

ビールに合うおつまみを用意する

ビールは食事との相性がいいお酒ですが、特によく合うのは「塩気のあるもの」「味の濃いもの」「脂っこいもの」です。

唐揚げ・枝豆・焼き鳥・チーズなど、居酒屋の定番おつまみはビールとの相性も抜群。

空腹状態でお酒を飲むと肝臓に負担がかかるので、体のためにもおつまみは必ず用意しましょう。

グラスに注ぐ

グラスに注ぐ

缶ビールをグラスに注ぐことで、程よく炭酸が抜けてマイルドな味になります。

また、缶に比べて飲み口が広くなるため、普段より香りが強く感じられるでしょう。

いつも缶から直飲みしている人は、だまされたと思ってグラスに注いでみてください。

香りの広がり方や味わいの違いがおわかりいただけると思います。

ビールと一緒にグラスも冷蔵庫で冷やしておくとさらに効果的です。

「三度注ぎ」で泡を立てる

よく冷えたビールとグラスが用意できたら、ここでさらにもうひと工夫。

「三度注ぎ」をすることでより泡立ちを楽しむことができます。

注ぎ方に少しコツがいりますが、できそうな人はぜひ挑戦してみてください。

STEP.1
グラスを置き、なるべく高い位置からビールを注ぎます。
初めはゆっくり注ぎ、途中から勢いをつけて泡を立て、グラスを泡でいっぱいにします。そのまま2分ほど待ちます。
STEP.2
泡がおさまり、泡の量がグラスの半分程度になったら、2回目を注ぎます。
グラスの縁から、そっと泡の下にビールを注ぎ込み、グラスから1cmほど泡が盛り上がるようにして再び待ちます。
STEP.3
盛り上がった泡がグラスの縁よりも下がる前に、最後にビールを注ぎ足します。
泡が崩れないようにそっと注ぎ込み、グラスから2cm程度、泡を盛り上げます。

(引用:キリンの研究開発「香りと味の違いを科学で解明!「三度注ぎ」のビールはなぜおいしいのか」

グビッと勢いよく飲む

ビールはのどごしを楽しむお酒なので、グラスに注いだらグビッと喉に流し込みましょう!

とはいえ、アルコールに強くない人は「イッキ飲み」は厳禁です。

体と相談しつつ、無理のないペースで楽しみましょう。

缶をへこませる

「わざわざグラスに注ぐなんてめんどくさい、冷蔵庫から出してすぐ飲みたい!」という人は、『缶ビールの飲み口の少し下をへこませる』方法を試してみてください。

このやり方は一時期SNSでも話題になりました。

こうすることでビールが勢いよく流れ込むため、のどごしの良さが際立つそうです。

ただし、この方法だとビールの泡が早く抜けてしまうので、ゆっくり味わいながら飲みたい人には向いていません。

「グビグビ、プハーッ!」を楽しみたい人におすすめです。

おうちビールをもっと美味しく!名入れビールグラス5選

当店のラインナップから、ビールの「美味しさ」が引き立つビールグラスを厳選して5つご紹介します。

オーダーメイドの彫刻が入ったビールグラスは、誰ともかぶらないオリジナル品です。

自分へのプチごほうびや、ビール好きさんへのプレゼントにいかがでしょうか。

泡づくりジェントルビールグラス

ビールを注ぐと白ひげの紳士が浮かび上がるユニークなグラスです。

眼鏡柄は『コク・余韻』、蝶ネクタイ柄は『味わい・香り』、帽子柄は『のどごし』を引き立てる形状をしています。

内側のフロスト加工により、注ぐだけでキメの細かいリッチな泡が楽しめます。

安心して使える日本製も嬉しいポイントです。

うたかた桜タンブラー Mサイズ

光の角度によってキラキラ輝くガラスと、ゴールドの桜柄が上品なビアタンブラーです。

白く見えるすりガラス加工部分に当たるようビールを注ぐと、やわらかでキメ細やかな泡が生まれます。

容量は310mlで、女性の手にもしっくりなじむサイズ感です。

たっぷり飲みたい方向けのLサイズもあります。

底山型泡立ちぐらす

日本の職人がひとつひとつ仕上げた『てびねり』のビールジョッキです。

ビールを美味しくするポイントは、底面の山型。

ビールをゆっくり注ぐと泡立ちに最適な流れが生まれ、キメ細かいクリーミーな泡ができあがります。

ブルーとピンクの2色からお選びいただけます。

研磨マイスター ステンレスビアタンブラー

シンプルデザインに職人の技術が光る、新潟県・燕市で作られたステンレスタンブラーです。

世界に通用する超一流の技術で、ひとつひとつ丁寧に磨き上げられました。

絶妙な加減で磨かれた内側のヘアラインにより、まるでプロが注いだようにクリーミーに泡立ちます。

さらに、保冷性に優れた『真空断熱二重構造』により、長時間飲みごろ温度をキープ。

冷えたビールもお湯割りも、ゆっくり美味しく堪能できます。

有田焼 金銀ビールタンブラー

上品な金と銀の輝きが美しい『有田焼』のタンブラーです。

内側はあえて荒めの仕上げになっており、細かな凹凸(おうとつ)がクリーミーな泡を生み出します。

有田焼は佐賀県有田市を中心に作られる伝統工芸品。

400年以上の歴史がある「メイド・イン・ジャパン」のグラスは、上司や先輩に贈る“きちんとギフト”にもぴったりです。

高級感たっぷりの専用桐箱でお届けします。

飲む前のひと工夫でおうちビールを満喫しよう!

ちょっとしたひと工夫で、いつもの缶ビールがさらに美味しくなる方法をご紹介しました。

今日の晩酌でぜひ試してみてくださいね!