父の日小説「強いて言うなら、やや辛口」公開中!

【縁起のいい動物・鳥・虫】祈願やお祝いに動物モチーフのギフトを贈ろう!

【縁起のいい動物・鳥・虫】祈願やお祝いに動物モチーフのギフトを贈ろう!

記念に残したい大切なお祝いや絶対に叶えたいお願い事があるとき、「縁起のいいもの」を贈り物やお守りにしたいと思う人は多いもの。

今回は数ある「縁起がいい」生きものたちの中から、商品のモチーフにもよく使われているものをご紹介します。

ぜひプレゼントを選ぶときの参考にしてください。

縁起のいい生きもの一覧

縁起のいい動物

・猫

猫

商売繁盛の「招き猫」でおなじみ。

昔は米を食い荒らしたり、病気を運んできたりするネズミを退治してくれる貴重な存在でした。

また、猫は夜行性で暗闇の中でも目がよく見えるので、悪いものが入ってこないように見張る魔除けの象徴でもあります。

「黒猫が横切ると縁起が悪い」なんて言いますが、これは海外での「黒猫=魔女の使い=縁起が悪い」というイメージが伝わり広まったためと言われています。

・犬

犬

子だくさんで比較的安産であることから、子宝や安産祈願の象徴とされています。

また、昔は鳴き声に魔除けの力があると信じられていました。

神社でよく見かける「狛犬」も魔除けのために置いてあるそうです。

・猿

猿

干支のひとつとしても親しみのある動物ですが、古来日本では神の使いであるとされていました。

「去る(さる)」の語呂合わせから「困難が去る」「不幸が去る」縁起物とも言われています。

また、かつては大事な働き手だった馬を守る「厩神(うまやがみ)」として祀られていました。

・鼠(ねずみ)

鼠(ねずみ)

害獣として厄介者扱いされることもありますが、たくさん子どもを産みどんどん増えることから「子孫繁栄」の縁起物でもあります。

・虎、寅

虎・寅

虎は勢いが盛んで力強く「一日で千里行って千里還る」とも言われることから、旅の安全を願う縁起物とされます。

また、出ていったお金がすぐ戻るとして「金運上昇」のシンボルとされることもあります。

一方、結婚関連のイベントでは「還る=出戻ってくる」となり不向きです。

・兎(うさぎ)

兎(うさぎ)

繁殖力がとても高く子だくさんであることから「子孫繁栄」、ぴょんぴょんと元気に跳ねる様子から「飛躍」の縁起物とされています。

古事記に書かれた「因幡の白兎」のエピソードから、縁結びの象徴としている神社もあります。

また、インドや中国から伝わった「月に兎がいる」という伝承から「月=ツキ」として幸運のシンボルとなりました。

長い耳はかすかな音も拾うことができるため「耳で福を集める」とも言われています。

・狸(たぬき)

狸(たぬき)

「他抜き=人より抜きん出る」という語呂合わせから、商売繁盛の縁起物として親しまれています。

また、たぬきの置物といえば信楽焼が有名ですが、あの独特な姿には商売に欠かせない8つの縁起「八相縁起(はっそうえんぎ)」が表現されています。

  1. 笠:思わぬ災難から守る
  2. 大きな目:見開いた目で周囲を見回し、正しい判断ができるように
  3. 顔:愛嬌のある顔立ち。笑顔でお互いに愛想よく
  4. 徳利:人徳を身につける
  5. 大きなお腹:太っ腹。冷静さと大胆さを持ち合わせる
  6. 通帳:信用第一
  7. 金袋:金運上昇
  8. 尻尾:物事の終わりは大きく太く。しっかりした終わり方をする

・猪

猪

力が強く子どもをたくさん産むことから「子孫繁栄」、肉の栄養価が高く万病を防ぐとされていることから「無病息災」の象徴とされています。

また、首から背中にかけて生えている鬣(たてがみ)は丈夫でなかなか切れないことから「財布に入れると金運が切れない」と言われています。

・豚

豚

猪と同じく子だくさんなことから「子孫繁栄」の象徴とされます。

さらに、語呂合わせで「トントン拍子に物事が進む」縁起物とも言われています。

・鹿

鹿

古来日本では神の使いとされており、立派な角が伸びた佇まいから「力」の象徴とされました。

鹿の角そのものにも魔除けの力があると言われています。

また、中国語では「鹿」と「給料」の発音が似ていることから「財運」の縁起物でもあります。

さらに、川を泳いで渡れることから「水難除け」のお守りとされることもあるそうです。

・金魚

金魚

「金魚」の中国語での発音は「金余(お金が余ること)」とよく似ているため、金運上昇のシンボルとされるようになりました。

・鯛(タイ)

鯛(タイ)

「めでたい」の語呂合わせ、お祝いに華を添える紅白色、栄養価も高く美味しい食材、などが相まっておめでたい席の食事で定番となっています。

一生食べ物に困らないようにという願いを込める「お食い初め」でもおなじみの魚です。

また、尾頭付きの鯛は「ひとつのことを最初から最後までまっとうする」という意味の縁起物でもあります。

・鯉(コイ)

鯉

鯉が縁起のいい魚とされるようになったのは中国から伝わった伝承が関係しています。

急流を登りきった鯉が龍の姿に化けて天高く登っていったという逸話から、鯉は龍の化身であるとされ縁起物となりました。

困難な関門を表す「登竜門」という言葉はこの逸話から来ています。

さらに、鯉は昔から高価な魚であり、現在でも美しい模様の錦鯉は「生きた宝石」「泳ぐ芸術品」として高値で取引されています。

・龍

龍

架空の生きものではありますが、力強く空を飛ぶ生きものとして「運気上昇」「生命力」の象徴とされてきました。

また、鯉が龍に変身したという逸話から「鯉から龍に出世する」として出世運に良いともされています。

・蛇

蛇

世界的に縁起がいい動物とされることが多いようです。

日本では特に「金運上昇」の縁起物と言われており「財布に蛇の抜け殻を入れておくとお金が貯まる」というジンクスは有名です。

また、何度も脱皮を繰り返して長生きする様子から「不老長寿」の象徴ともされます。

・亀

亀

「鶴は千年、亀は万年」という言葉もある通り、長寿の縁起ものとされています。

縁起物としての亀は鶴とセットで描かれることがほとんどです。

・ヤモリ

ヤモリ

壁や窓に器用に張り付く姿が印象的なヤモリは、漢字で「家守」「守宮」「屋守」などと書き、「家を守る=家庭円満・金運上昇」の縁起物とされています。

・カエル

カエル

たくさん卵を生むことから「子孫繁栄」、後ろに戻らず前方にしか跳ばないことから「仕事運上昇」、語呂合わせで「無事帰る」「福帰る」「お金が還る」など、多くの縁起がいい意味を持ちます。

また、雨が降る前に鳴くことから豊作をもたらすとも言われています。

縁起のいい鳥

・千鳥(ちどり)

千鳥(ちどり)

千鳥とは水辺に棲み群れで飛ぶ小鳥の総称です。

「千鳥=千取り」にかけて「勝運祈願」「目標達成」などの意味があります。

波模様と組み合わせた「波千鳥」の模様は、荒波をともに乗り越えていくということから「夫婦円満」「家内安全」「平穏繁栄」などの意味を持つ縁起のいい柄です。

・梟(ふくろう)

梟(ふくろう)

「不苦労」「福老」などの語呂合わせから「招福萬来」「不老長寿」の象徴と言われています。

また、猫と同じく夜目が利きネズミなどを捕るため魔除けの力があるともされています。

ふくろうとプレゼント縁起がいいふくろうグッズで開運!おすすめ名入れプレゼント6選

・鶴

鶴

亀と同じく「長寿」の縁起物として有名です。

夫婦仲が良い鳥としても知られているため「夫婦円満」の意味もあります。

また、鳴き声がよく響いて遠くまで聞こえることから「天に届く=天界に通ずる」鳥とされています。

・鷹(たか)、鷲(わし)

鷹(たか)・鷲(わし)

初夢で見ると縁起がいいとされる「一富士・二鷹・三茄子」でおなじみ。

鷹は空高く飛ぶことから「運気上昇」の縁起物です。

鷹と鷲には生物学的な区別はなく、比較的小柄なものを鷹、大柄なものを鷲と呼びます。

・燕(つばめ)

燕(つばめ)

毎年子育てシーズンに日本へやってくる渡り鳥です。

燕は鬼門(災いが入ってくるところ)には巣を作らないと言われているため「燕が巣を作る=鬼門ではない=幸運が訪れる」とされています。

子育てのための餌として、害虫をたくさん捕ってくれる益鳥でもあります。

また、天敵から身を守るためあえて人通りが多い場所に巣を作る習性があることから「商売繁盛」の意味もあるそうです。

・雀(すずめ)

雀(すずめ)

どこでも見かける身近な鳥ですが「厄をついばむ=家内安全・一族繁栄」などの縁起物とされます。

まるまる太ってふっくらした雀は「ふくら雀」と呼ばれ、豊かさや幸運の象徴です。

また、雀は鳳凰(ほうおう)のヒナであるという言い伝えもあります。

・孔雀(くじゃく)

孔雀(くじゃく)

広げた羽が扇のような末広がりの形であることや、見た目の美しさから縁起物とされています。

目のように見える羽の模様には魔除けの力があるとも言われています。

・鳳凰(ほうおう)

鳳凰(ほうおう)

孔雀がモデルになったと言われる架空の鳥です。

天下泰平の世に現れる「瑞鳥(ずいちょう)」のひとつとされており、善人を祝福すると言われています。

新一万円札に描かれているのも鳳凰です。

縁起のいい虫

・てんとう虫

てんとう虫

漢字で書くと「天道虫」となり、太陽に向かって羽ばたく様子から「幸運の象徴」「神の使い」などとされています。

また、世界各国でも「神の使い」にちなんだ名が付いています。

  • フランス語:labete a bon Dieu(神様の虫)
  • ロシア語:Божьи коровки(神様の牛)
  • イタリア語:gallinella del Signore(神様の小さな雌鳥)
  • ドイツ語:marienkäfer(聖母マリアの甲虫)

・蜘蛛(クモ)

蜘蛛(クモ)

「朝蜘蛛は縁起がいいから殺してはいけない」と言ったりしますが、朝に蜘蛛が網を張るのは晴天の日=一日農作業がはかどる良い日になるからだそうです。

見た目のグロテクスさから苦手な人も多いですが、他の虫を食べてくれる益虫でもあります。

また、蜘蛛はお釈迦様の使いだとも言われており、芥川龍之介作の「蜘蛛の糸」という作品は有名ですね。

・黄金虫(コガネムシ)

黄金虫(コガネムシ)

キラキラと光沢のある見た目から「金運上昇」の縁起物とされます。

「黄金虫は金持ちだ~♪」という童謡もあります。

・玉虫(タマムシ)

玉虫(タマムシ)

黄金虫と同じくキラキラした見た目の虫で、幸運の象徴とされています。

漢字では「吉丁虫」とも書きます。 「玉=宝石」の意味で、七色に輝く羽は死んだ後も美しさが失われないことから装飾品としても使われました。

・蜻蛉(トンボ)

蜻蛉(トンボ)

後戻りせず前に向かってまっすぐ進む飛び方は「不転退=退くに転ぜず、決して退却をしない」の精神を表すとして「勝ち虫」とも呼ばれ、戦国武将に愛されていたようです。

兜や鎧、刀の鍔(つば)などの装飾によく使われました。

また、素早く飛び回って害虫を捕らえる益虫でもあります。

・蝶

蝶

中国では「蝶」と老年を意味する「耋」という言葉の発音が似ていることから「長寿」の象徴とされています。

幼虫→サナギ→成虫と劇的に見た目を変えていくことや、亡くなった人の魂の化身とも言われていることから「不死」「再生」「復活」などのシンボルともされます。

また、春の訪れを告げる虫であることから「喜びや良い知らせを運んでくる」とも言われています。

大切な人への贈り物に。縁起のいい動物モチーフの名入れギフト

ここからは当店「きざむ」のラインナップから、縁起のいい生きものがモチーフに使われている名入れギフトを厳選してご紹介します。

大切な人の記念日やお祝いにぴったりなものを揃えました。

きらめく縁起柄 和柄ロックグラス

きらめく縁起柄 和柄ロックグラス

きらめくグラスにキラキラ輝く和柄がよく映えるロックグラスです。

柄は波千鳥・雪兎・金魚など全5種類から選べます。

冷酒好きの方へのプレゼントに。

詳しくはコチラ>

お酒好きさんへのお祝いに 名入れたぬき酒

お酒好きさんへのお祝いに 名入れたぬき酒

見た目のインパクト抜群!

開店などのお祝いにぴったりのたぬき酒です。

お酒を飲み終わった後は置物として飾っておけます。

詳しくはコチラ>

香りとともに福来たる リードディフューザー

香りとともに福来たる リードディフューザー

縁起のいい動物モチーフ(ふくろう・うさぎ・ちどり・まねきねこ・かめ)をお名前と一緒に彫刻できるリードディフューザーです。

和室・洋室問わずよく馴染む陶器製だから、どんな方にも贈りやすいのが嬉しいポイント。

詳しくはコチラ>

長寿を象徴する吉祥画 名入れ鶴亀箸

長寿を象徴する吉祥画 名入れ鶴亀箸

長寿祝いにぴったりな鶴と亀が描かれたお箸です。

毎日口に入れるのも安心の日本製。

ペアセットもありますので、結婚祝いや結婚記念日のお祝いにも。

詳しくはコチラ>

ペアセットはコチラ>

暑い夏にぴったり 名入れ扇子 小粋

暑い夏にぴったり 名入れ扇子 小粋

浴衣地の扇面が涼しげな扇子と、差し袋、専用ボックスの3点セットです。

柄は見た目が雄々しい「雲龍・竹虎・松鷹」の3種類で、男心をくすぐります。

猛暑の日も粋に過ごしてほしい男性へのプレゼントに。

詳しくはコチラ>

さいごに

普段使っているものの中にも、縁起のいい意味をもつ生きものがあしらわれたものがあると思います。

込められた意味を知ると、何気なく眺めていたものがいつもより素敵なものに見えてきそうですね。

今回ご紹介したもの以外にも縁起のいい生きものはたくさんいますので、ぜひ探してみてください!