【長寿祝い(賀寿)種類と色一覧】年齢・由来・読み方も紹介

【長寿祝い(賀寿)種類と色一覧】年齢・由来・読み方も紹介

長寿祝いは人生の節目となるおめでたいイベント。「還暦」は誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、それ以降の名前や年齢をしっかり覚えている人は少数派かもしれません。

今回は長寿祝いの種類と年齢、そしてプレゼント選びの基準にもなるテーマ色についてご紹介していきます。

「長寿祝い」の風習はいつから?

「長寿祝い」の風習はいつから?

日本に古くからある長寿祝いを「賀寿(がじゅ)」といい、他にも「算賀(さんが)」「年祝(としいわい)」「賀の祝い」など複数の呼び名があります。

この風習は中国大陸から伝わったもので、その当時は40歳から始めて10歳ごとに祝うものでした。「東大寺要録‐一・本願章第一」の中で聖武天皇の40の賀をお祝いした記録が残されていることから、奈良時代にはすでに定着しつつあったことがうかがえます。

平均寿命が延びるのに合わせ、室町時代頃に77歳の「喜寿」以降のお祝いが新たに作られました。その後江戸時代には庶民にも広まっていったと推定されています。風習が根付いた当初は40歳から「長寿」とされていましたが、現在では60歳以上の「還暦」からお祝いするのが一般的です。

どっちで祝うべき?「数え年」と「満年齢」の違い

どっちで祝うべき?「数え年」と「満年齢」の違い

長寿祝いをするにあたって、「数え年と満年齢、どっちを基準にしたらいいの?」と思う方もいらっしゃると思います。まずはそれぞれの違いについて見ていきましょう。

「満年齢」とは

満年齢では生まれたときを0歳とし、翌年の誕生日の前日の終了とともに1歳加齢されます。「翌年の誕生日」ではなく「誕生日の前日の終了」となっているので、閏年の2月29日に生まれた人も毎年きちんと歳を重ねていくことができます。

「数え年」とは

数え年では生まれたときを1歳とし、翌年の1月1日を迎えると1歳加齢されます。12月31日に生まれた人の場合、翌日には2歳になるというわけです。このように、生まれた時期によっては満年齢と2歳近く差が出てしまいます。

満年齢の普及とともに聞く機会も少なくなってきましたが、現在でも七五三詣などの伝統行事や「厄年」の考え方では数え年で計算することが多いようです。

「数え年」と「満年齢」、どっちでお祝いしてもOK

長寿祝いで基準にする年齢は、数え年でも満年齢でもどちらでも構いません。現在では年齢を数えるとき満年齢を使うのが一般的なので、長寿祝いも満年齢でお祝いするケースが多くなっています。

ただし、ご高齢の方では今でも自分の年齢を「数えで〇〇歳」と言う方も少なくないため、祝う側と祝われる側で行き違いがないよう事前に確認しておきましょう。

※後述しますが、例外として還暦だけは「満年齢で60歳、数えでは61歳」でお祝いするのがベストです。

主な長寿祝い(賀寿)の種類・年齢・色一覧

賀寿の種類 年齢
還暦60歳(数えで61歳)
古希70歳
喜寿77歳
傘寿80歳金茶
米寿88歳金茶
卒寿90歳白・紫
白寿99歳
百寿100歳白・桃

還暦(かんれき)

干支(十干十二支)が60年で一巡することから「暦が還る=還暦」と呼ばれるようになりました。テーマカラーは赤。赤いちゃんちゃんこは還暦祝いの定番ですが、本来赤ちゃんが着るちゃんちゃんこを羽織るのは「生まれたときの干支に戻る=生まれ直す」といった意味が込められているためです。

満年齢では「還暦=60歳のお祝い」と考えて問題ないのですが、干支が一巡するタイミングで考えると「数え年では61歳のとき」になります。数え年で60歳だとタイミングがずれてしまうので、厳密にお祝いしたい場合は注意が必要です。

古希(こき)

70歳のお祝い。中国の詩人杜甫(とほ)が「人生七十古来稀なり(=七十歳まで長生きする者は昔からきわめて稀である)」と詠んだことが由来と言われています。テーマカラーは紫。

喜寿(きじゅ)

77歳のお祝い。「喜」の字は草書体で書くと「㐂」となり、「七十七」に見えることから。テーマカラーは古希と同じ紫。

傘寿(さんじゅ)

80歳のお祝い。「傘」は略字にすると「仐」となり、「八+十」に分解できることから。本来のテーマカラーは金茶色(茶色がかった金色)ですが、似た色である黄・金・オレンジなどもよく使われます。「八十寿(やそじゅ)」と呼ばれることも。

米寿(べいじゅ)

88歳のお祝い。「米」の字は分解すると「八+十+八」になることから。テーマカラーは傘寿と同じ金茶・黄・オレンジなど。お米が実った稲の色と考えると覚えやすいですね。日本百貨店協会が独自に提案している長寿祝いのテーマカラーでは、語呂合わせでベージュが推奨されています。

卒寿(そつじゅ)

90歳のお祝い。「卒」は略字にすると「卆」となり、「九+十」に分解できることから。テーマカラーは白または紫。「卒」の字には物事の終わりという意味があるため、この字を使うことを「縁起が悪い」と嫌がる方もいらっしゃいます。囲碁盤の星の数が9個あることから、囲碁界では「星寿(せいじゅ)」とも。

白寿(はくじゅ)

99歳のお祝い。「百」の字から横棒を一本引くと「白」になる(100-1=99)ことから。テーマカラーは白。

百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)

100歳のお祝い。テーマカラーは白または桃。100年で1世紀になることから「紀寿(きじゅ)」とも呼ばれます。

実はまだまだある!マイナーな長寿祝い

先に挙げた長寿祝いは、一般的に広く認知されているものです。ここからは、普段あまり耳にしないマイナーな長寿祝いについてもご紹介します。現在のところ、百寿(100歳)以降のテーマカラーは特に設定されていません。

緑寿(ろくじゅ)

66歳のお祝い。2002年に新しくできたもので、知名度はまだまだ低いかもしれません。テーマカラーは緑。長寿祝いとは言うものの、若々しい生命力を感じさせる「緑」の字はこれからの「人生100年時代」にピッタリと言えます。

半寿(はんじゅ)

81歳のお祝い。「半」の字を分解すると「八+十+一」になることから。将棋盤のマス目が9×9=81個あることから「盤寿(ばんじゅ)」とも言います。テーマカラーは前後の傘寿(80歳)・米寿(88歳)と同じ金茶。

茶寿(ちゃじゅ)

108歳のお祝い。「茶」の字の下半分が「八+十+八」、上半分が「十」を2つ並べたように見えることから、88+10+10=108です。ここまでくるとちょっとした謎解きのようですね。

皇寿(こうじゅ)

111歳のお祝い。「皇」の字は上半分が「白」、下半分が「一+十+一」に分解できますね。白寿同様「白」を99とすると、99+1+10+1=111となります。

大還暦(だいかんれき)

120歳のお祝い。「60歳の還暦の倍生きた=2度目の還暦」ということで、大還暦と呼ばれています。

さいごに

日本人の平均寿命がどんどん延びていることを考えると、今後も長寿祝いの種類は増えていくかもしれません。全てをお祝いするまで長生きできたら、まさに文句なしの大往生ですね。「次の長寿祝いも無事に迎えられますように」の気持ちと祝福を込めて、盛大にお祝いしましょう。