【2022】お祝いを渡す日はいつが最適?「縁起のいい日」一覧

縁起のいい日一覧

結婚・出産・就職・開店・誕生日・引っ越しなど……大切な人へのお祝いにプレゼントを贈ることは多いと思います。

特に結婚祝いや新築祝いなど、人生の大きな節目となるイベントではプレゼントを贈るタイミングにもこだわりたいところ。

今回はお祝いを贈るのに最適な「縁起のいい日」についてご紹介します。

暦別「縁起のいい日」一覧

暦別「縁起のいい日」一覧

大安・仏滅などでおなじみの暦は「六曜(ろくよう・りくよう)」ですが、その他にも複数の暦が存在します。

その中でも比較的聞きなじみのあるものから、縁起のいい日をピックアップしてご紹介します。

六曜(ろくよう・りくよう)で縁起のいい日

六曜には名前の通り6つの暦があり、「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」の順で繰り返します。

その中で縁起がいいとされているのは大安・友引・先勝・先負の4つです。ただし、時間帯による例外もあるのでしっかりチェックしておきましょう。

大安(たいあん)

おそらく日本で一番有名な縁起のいい日。「大いに安し=何をやってもうまくいく」ということから、六曜で最高の吉日とされています。

結婚式や入籍の日取りでもっとも人気がある吉日です。

友引(ともびき)

大安の次に縁起がいい日とされています。「友を引く=幸せのおすそ分け」という意味になり、幅広いお祝いごとに人気の日。

一方で「勝負の決着がつかない良くも悪くもない日」ともされていて、受験など勝負事の祈願には向きません。

また「友を引く=故人が友を冥土に引き寄せる」という意味でも取れてしまうため、葬祭関連業は友引を休業日にしているところも多くあります。

先勝(せんしょう・さきがち・せんがち)

「先んずれば即ち勝つ=急いで行動するのが吉」とされている日。午前中は吉ですが、午後になると一転して凶となってしまいます。

先勝の日にお祝いを渡すなら午前中にしましょう。

先負(せんぶ・せんまけ・さきまけ)

先勝とは逆に「先んずれば即ち負ける=急用は避けるべき日」とされています。午前中は凶ですが、午後からは吉となります。



残り二つの仏滅(ぶつめつ)・赤口(しゃっこう・しゃっく)は、どんなお祝い事にも向かない凶日です。

例外として赤口は午の刻(11時~13時)の間のみ吉とされていますが、この時間は大体どのご家庭でもお昼時。お祝いのためであっても直接訪問するのはマナー違反になってしまうので気をつけましょう。

選日(せんじつ)で縁起のいい日

選日は「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」に基づき、十干十二支(じっかんじゅうにし)の組み合わせで吉凶が決まります。

一般的に知られているものは、以下の9種類。

  • 天一天上(てんいちてんじょう)
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  • 八専(はっせん)
  • 十方暮(じっぽうぐれ)
  • 不成就日(ふじょうじゅび)
  • 三隣亡(さんりんぼう)
  • 三伏(さんぷく)
  • 犯土(ぼんど)
  • 臘日(ろうじつ)

このうち縁起がいいとされる意味を持つのは「天一天上」と「一粒万倍日」の2つです。

天一天上(てんいちてんじょう)

平安時代には神様がいる方角に向かって事を起こしたり進んだりすることを避ける「方忌み」という考え方がありました。

天一天上の期間は地上に降りた神様が天上に帰るので「どちらに進んでもよい=引っ越しや旅行に吉」とされています。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

「一粒の種もみが万倍にも実る」という意味です。

何をするにもいい最高の吉日とされていて、特に仕事始め・開店・種まき・新しい趣味など、何かを「始める」のに最適な日と言われています。

例外として、人からお金や物を借りる場合は負担も倍増するとされるので避けたほうがいいでしょう。

他の吉日と重なると良い効果が倍になり、反対に凶日と重なると悪い効果が半減すると言われています。

しかし「凶日の縁起の悪さも万倍にしてしまう」という考え方もあるため、凶日と重なった場合はやはり縁起が悪いと考えるのが無難かもしれません。

暦注下段(れきちゅうげだん)で縁起のいい日

迷信的な要素が多く日常生活への弊害も大きかったため、朝廷や政府から禁止令が3回も出された歴史がありますが、現代でも根強く文化として残っています。

暦の種類が非常に多く、暦注下段だけでみても吉日と凶日が同じ日に重なることが少なくありません。

そのうち縁起のいい意味を持つのは「七箇の善日(ななこのぜんにち)」と呼ばれる7種類。それに加えて、縁起が良くも悪くもなる「復日(ふくにち)・重日(じゅうにち)」があります。

神吉日(かみよしにち)

神事に関することに吉とされる日です。お参りやお祭りをするのに良いとされています。

母倉日(ぼそうにち)

「母が子を育てるように天が人間を慈しむ」と言われている日。

何をするにも吉で、結婚や入籍など婚姻関係には特に縁起がいいとされています。

鬼宿日(きしゅくび)

「鬼が宿にこもっていて出歩かない=鬼に邪魔されないので何をするにもいい日」とされています。

ただし、例外として婚礼に関しては「嫁入り=(鬼がいる)家に入る」として凶になる日です。

月徳日(つきとくにち・がっとくにち)

その月の徳神がいる日とされていて、家の増改築や土地に関することに吉とされています。

家のリフォームや地鎮祭の日取りに縁起がいい日です。

大明日(だいみょうにち)

「天地が開けて隅々まで太陽の光に照らされる」ということから、何をするにもよい吉日です。

中でも引っ越し・旅行・移転など移動に関することに吉とされます。

天恩日(てんおんにち)

「万民が天の恩恵を受ける日」としてお祝いなどには吉日とされますが、凶事(弔事や戦いなど)には用いてはいけないとされています。

天赦日(てんしゃにち)

年に数回しかなく、歴注下段の中で最も縁起がいいとされる日です。

「すべての神様が天に上り万物の罪を赦す=何をするにもいい最上の吉日」とされています。

復日(ふくにち)・重日(じゅうにち)

復日と重日はほとんど同じ意味で「良いことはさらに良く、悪いことはさらに悪くなる」日と言われています。

つまり、吉日に重なったときだけ縁起がいいと言える変わった暦です。ただし、例外として結婚のお祝いには向きません。

「凶日」と重なる日はなるべく避ける

ひとつの暦で見ると縁起のいい日であっても、別の暦ではどんなお祝い事にも適さない「凶日」だった、というケースもあり得ます。

市販カレンダーにもよく採用されていて最もポピュラーなのが「六曜」ですが、あくまで縁起のよさにこだわりたいという場合は他の暦の凶日にかぶっていないか念のため調べておくといいでしょう。

【2022年】お祝いを渡すのに最適な日取り

どんなお祝い事・祈願にも最適!

  • 4月15日(金):大安+天上天一+復日
  • 6月17日(金):大安+天上天一+神吉日
  • 10月22日(土):大安+天上天一+天赦日+神吉日+復日
  • 11月7日(月):大安+天赦日+天恩日+月徳日
  • 12月12日(月):大安+天上天一+一粒万倍日+神吉日+重日

結婚祝いに良い吉日

  • 4月27日(水):大安+大明日+天恩日
  • 6月26日(日):友引+大明日+天恩日
  • 8月10日(水):先勝+天上天一+一粒万倍日+大明日+母倉日(午前が最も吉)
  • 8月17日(水):友引+天上天一+大明日+月徳日
  • 8月22日(月):先勝+天上天一+一粒万倍日+神吉日+大明日+母倉日(午前が最も吉)
  • 12月21日(木):友引+天上天一+神吉日+母倉日

結婚祝いにぴったりな「ペアギフト」はコチラ>

引っ越し祝い・新築祝いに良い吉日

  • 2月20日(日):友引+天上天一+大明日+復日
  • 4月27日(水):大安+大明日+天恩日
  • 6月23日(木):大安+天上天一+神吉日+大明日+復日
  • 6月26日(日):友引+大明日+天恩日
  • 8月10日(水):先勝+天上天一+一粒万倍日+大明日+母倉日(午前が最も吉)
  • 8月17日(水):友引+天上天一+大明日+月徳日
  • 8月22日(月):先勝+天上天一+一粒万倍日+神吉日+大明日+母倉日(午前が最も吉)
  • 10月18日(火):先勝+天上天一+大明日(午前が最も吉)
  • 12月8日(木):先勝+天上天一+大明日(午前が最も吉)
  • 12月20日(火):先勝+天上天一+神吉日+大明日+復日(午前が最も吉)
  • 12月24日(土):先勝+一粒万倍日+神吉日+大明日+天恩日+重日(午前が最も吉)

引っ越し祝い・新築祝いにぴったりな「インテリアギフト」はコチラ>

郵送する場合の日取りの決め方

郵送する場合の日取りの決め方

近年では手渡しにこだわらず、お祝いの品をお相手の家まで宅配便で送ることも増えてきました。

「手渡しの場合は吉日に渡せばいいけど、郵送の場合はいつを吉日にすればいいの?」とお悩みの方もいるかもしれませんね。

結論から言うと、購入する日・配送する日のどちらかを吉日にすればOKです。

先勝・先負など、時間帯によって変わる吉日に配送する場合は時間指定もお忘れなく。

お相手の都合によっては配送したその日に受け取れないかもしれないので、心配なら購入する日を吉日にするといいでしょう。

さいごに

お祝いを贈るのにぴったりな縁起のいい日をご紹介しました。

ただ、日取りにこだわりすぎるあまり、贈るのが遅れてマナー違反になってしまうのは本末転倒です。

お祝いを贈る時期はあくまで常識の範囲内で、吉日にうまく合わせられそうな場合にはぜひ活用してみてください。