あると便利!ワインオープナー(コルク抜き)の種類と使い方

あると便利!ワインオープナー(コルク抜き)の種類と使い方

ワインオープナーは、ワイン好き必携の便利アイテム。あるとないとではコルク抜きの手間が段違いです。

「種類がたくさんあってどれにすればいいかわからない」「なんとなく使い方が難しそう」という方に向けて、ワインオープナーの種類ごとの特徴と使い方をまとめました。

日常的にワインをたしなむ方も、たまにしか飲まないワインで毎回コルク抜きに苦労している方もぜひ参考にしてください。

ワインオープナーの種類と使い方

便利で簡単に使えるワインオープナーですが、種類によって使い方や注意点は異なります。間違った使い方をすると抜栓の瞬間に中身をこぼしてしまったり、コルクが折れやすくなったりしてしまうので注意しましょう。

主要なワインオープナーの種類と使い方のポイントから、あなたにぴったりのワインオープナーを探してみてください。

スクリュー式(T字型)

スクリュー式(T字型)

「ワインオープナー」と聞いて多くの人が思い浮かべるポピュラーなタイプ。

スクリューとハンドルがT字状になっているのが特徴です。

作りも使い方もとてもシンプルですが、引き抜くときにかなりの力が必要なので、抜栓の瞬間に中身をこぼしてしまう可能性があります。

またスクリューの差し込み方が悪いとうまく引き抜けないため、初心者や握力に自信がない方にはおすすめできない上級者向けアイテムです。

その代わり、T字型はリーズナブルなものがたくさん販売されているので、使いこなせればコスパはいいと言えます。

使い方
  1. キャップシールを剥がし、スクリューをコルクの中央に差し込む
  2. 根元まで埋め込んだら力を込めて真上に引き抜く

スクリュープル

スクリュープル

一般的なスクリュー式と違い、初心者や女性でも簡単に使えます。

慣れない人でもスクリューをまっすぐ中央に挿入でき、開栓時も大きな力は必要ありません。

コルクのカスが中に落ちてしまいやすいので、気になる方は注意しましょう。

使い方
  1. キャップシールを剥がす
  2. オープナーをボトルにセットし、上部のハンドルを回してスクリューを差し込む
  3. コルク栓が抜けるまでハンドルを回し続ける

ウィングタイプ(テコ式・バタフライ型)

ウィングタイプ(テコ式・バタフライ型)

機械の鳥が羽を広げたような独特のフォルムが特徴です。

スクリュー部分がやや大きめなので、柔らかくなったコルクに使うと途中で割れてしまう可能性が高く、ヴィンテージワインの開栓には不向き。

T字型に比べると扱いやすいものの、コルクの状態を見て判断できる中級者向けと言えます。

使い方
  1. キャップシールを剥がす
  2. 本体をボトルにセットし、ハンドルを回してスクリューを差し込む
  3. スクリューを差し込んでいくと左右の羽が上がってくる
  4. スクリューを奥まで埋め込んだら、羽部分を握って引き上げる

レバータイプ

使い方がとてもシンプルで力いらずなので、初心者はもちろん女性や年配の方にもおすすめ。

使い方
キャップシールを剥がしたら本体のくぼみにコルクをはさみ、レバーを上げる

ハサミ型(2枚刃式・プロング式)

ブレード状の刃でコルクをはさんで抜くタイプです。

コルクに穴が開かないので、コルクが折れやすいヴィンテージワインの開栓に適しています。

ほんのわずかでもコルクの破片がワインの中に入ってしまうのが嫌な人にもおすすめ。

ただし、硬い樹脂製の合成コルクに使うと瓶口が割れてしまうので要注意です。

使い方
  1. キャップシールを剥がす
  2. 2枚の刃を「長い刃→短い刃」の順でコルクとボトルの間に差し込む
  3. オープナーを左右に揺らしながら刃を奥まで差し込んでいく
  4. ハンドルを回転させながら引き抜く

ソムリエナイフ

ソムリエナイフ

スクリュー、ハンドル、ボトルに引っかけるフックに加え、キャップシールを剥がすためのナイフがひとつになったもの。

とてもスリムで場所を取らないので、省スペースで収納できます。

テクニックが必要な上級者向けアイテムですが、使いこなせれば開栓の所作がとてもサマになるのがポイント。

一度マスターしてしまえば、パーティーや記念日などここぞというときに注目を浴びること間違いなしです。

本格的な所作を身につけたい人や、ワインソムリエを目指す人にもおすすめ。

使い方
  1. ナイフでキャップシールをカットして剥がす
  2. スクリューをコルクに差し、ハンドルを回して埋め込んでいく
  3. フックをボトルの縁に引っかけ、手でしっかり押さえながら上に引き抜く

エアーポンプ式

空気入れの要領でボトル内に空気を送り込み、圧力でコルクを抜きます。使い方が簡単で力いらずなので、初心者や力に自信のない方に。

針先が鋭いため、扱いにはやや注意が必要です。

使い方
  1. キャップシールを剥がす
  2. 注射器状の針をコルクに刺す
  3. ポンプでコルクが抜けるまで空気を送り込む

電動式

電動式のワインオープナーは、とにかく安全・確実・手軽なのがメリット。

キャップシールも自動でカットしてくれるフォイルカッター機能付きもありとても便利です。

誰でも簡単に使えて、価格も他のワインオープナーと大差ありません。

アナログなワインオープナーに魅力を感じる人や、見た目の雰囲気を大切にしたい人以外なら初心者から上級者までおすすめできます。

使い方
  1. キャップシールを剥がし、本体をセット
  2. コルクが抜けるまで下のボタンを押し続ける
  3. 本体を外して、上ボタンを押し続けてコルクを外す
MEMO
具体的な使い方はお手元の製品の取扱説明書をご覧ください

ワインオープナーの選び方

「どれも良さそうで選べない!」「結局どれが自分に合ってるの?」と思った方は、次の5つのポイントを意識して選んでみましょう。

  • 予算
  • 使いやすさ
  • 収納のしやすさ
  • ワインを飲む頻度
  • 好きなワインの種類

世間的に評価が高いものでも、自分にとって使いにくかったら意味がありません。

便利な電動式はかさばるのである程度の収納スペースが必要ですし、ヴィンテージワインが好きな人には一般的なスクリュー式よりハサミ型が向いています。

いろいろな種類のワインをスムーズに開栓するためには、オープナーは複数を使い分けるのがベストです。

まずは初心者向きのワインオープナーで練習して、ひとつに慣れたら他のオープナーにも挑戦してみましょう。

ワイン好きさんへのプレゼントにも♪ 名入れワインオープナー

当店のラインナップから、ワイン好きさんからの人気を集めているワインオープナーをご紹介します。

名前が入った世界にひとつのワインオープナーは、プレゼントはもちろん自分へのご褒美にもぴったり。

たくさんメッセージを入れたい方向けの裏面彫刻オプションもご用意しております。

名入れ スリムウッド ソムリエナイフ

シックなブラックが上品なソムリエナイフです。木製の本体がしっくり手になじみます。

お気に入りのワインに添えるだけで、グッと特別な雰囲気に。スリムなボディなので収納にも困りません。

ワイン好きさんへのプレゼントにはもちろん、飲食店の開店祝い・周年祝いにも。特別な記念日やお祝いには、赤ワインの飲み比べができる3点セットもおすすめです。

名入れ 木製ソムリエナイフ&ストッパーセット

おしゃれな木製ソムリエナイフに、便利なストッパーが付いたギフトセット。高級感たっぷりの木製ケースがお値段以上の高見えを叶えてくれます。

ソムリエナイフと木製ケースの両方に彫刻が入れられるので、たくさんメッセージを贈りたい方に。オープナーを使わないときは、ケースをインテリアとして飾ってもサマになります。

ワインオープナーを上手に使って、もっとワインを楽しもう!

最近では手軽に開けられるスクリューキャップも普及してきていますが、まだまだ従来のコルク栓が大きな割合を占めています。コルク抜きが簡単になれば、ワインを選ぶ楽しみも倍増するでしょう。

今回ご紹介したワインオープナーの中に気になるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。