もう迷わない!目的・使い方に合わせた手帳の選び方

もう迷わない!目的・使い方に合わせた手帳の選び方

毎年悩む人が多いのが手帳選び。

手帳には実にさまざまな種類があるので、闇雲に探しても自分にぴったりのものはなかなか見つかりません。

手帳選びで大切なのは、「何のために、どうやって使うか」を自分でしっかり把握しておくことです。

今回は目的や使い方に合わせた手帳選びのポイントをご紹介します。

そもそも手帳は何のために書く?

手帳と聞くと「スケジュール管理のためのツール」という印象が強いですが、実は他にもいろいろな活用法があります。

  • TODOリストの整理
  • 過去の時間の使い方の振り返り
  • 仕事のアイデアや会議内容のメモ
  • スマホを落とした、忘れたときの備忘録
  • その日作った料理のレシピなどの活動記録
  • 睡眠時間・体温・運動メニューなどの体調管理
  • なりたい自分や将来の目標と、それを達成するためにしたこと
  • 欲しいもの・行きたいところ・食べたいものなどの「やりたいことリスト」

手帳をどんな目的で使うかは人それぞれ違います。そのため、世間で人気の有名シリーズが自分にも合っているとは限らないのです。

自分にぴったりな手帳を見つけるため、まずは「いつ、どこで、どんなことを書くために手帳を使うのか」をしっかりイメージしてみましょう。

アナログ手帳を使うメリット

今はスマホやパソコンで、便利なスケジュール管理ツールが無料で使える時代。

それでも未だに手書き用の手帳を持つ人が多いのは、デジタルにはない大きなメリットがあるからです。

デジタルだけ、アナログだけという人は少数派で、どちらも併用する“いいとこ取り”派の人が半数以上を占めています。

デジタルツール・アプリのメリット
  • 荷物が増えない
  • 他人と手軽に共有できる
  • ペン無しでいつでも編集可能
  • リマインド機能や検索機能など、デジタルならではの便利さがある
アナログ手帳のメリット
  • 長期の予定をパッと俯瞰できる
  • スケジュール管理以外にも使える
  • 「手で書く」ことが脳への刺激になる
  • イラストや線でアレンジができ、自由度が高い
  • 保存の失敗やサービス終了によるデータ消失の心配がない

デジタル・アナログ併用派は、ビジネス用とプライベート用で使い分けているという人も多いようです。

とはいえ、アプリも紙の手帳も種類によって使い勝手は異なります。

紙の手帳はアプリのように簡単に消したり入れ直したりができないので、慎重に選びたいですよね。

手帳選びで失敗しないために「何のために手帳を使うのか」をしっかり把握しておきましょう。

ここからは、手帳の使い方に合わせた選び方をご紹介していきます。

手帳の始まり月で選ぶ

手帳を買い換えるとき、まず意識しておきたいのが『始まり月』です。

たとえば1月始まりの手帳なら、毎年9月頃から店頭に並び始めます。

人気のシリーズは早々に売り切れてしまうこともあるので、お目当ての手帳がある人やたくさん見てから決めたい人は早めにチェックしておきましょう。

日本で販売されている手帳の主な始まり月は以下のものがあります。

  • 1月始まり
  • 4月始まり
  • 7月始まり
  • 10月始まり

1月始まり

新年の始まりとともに、手帳も新しくして気持ちを切り替えたいという人におすすめです。

各メーカーも1月始まりのものを多く販売しているので、幅広い選択肢から選べます。

一方で、年末年始はいろいろと予定が立て込む時期です。

切り替えのタイミングに複数の予定が重なると、書き写したり2冊とも持ち歩いたりする手間が面倒だと感じる人もいます。

4月始まり

4月は学校や会社など、多くの人にとって年度の切り替え時期です。

新生活の始まりとともに手帳も新しくするのは理にかなっていると言えるでしょう。1月始まり同様、商品数は豊富です。

学校や役場の年間予定がわかってすぐ1年分を書き込めるので、ビジネスパーソンはもちろん学生さんや主婦の方も便利に使えます。

7月始まり

あまりメジャーではありませんが、6月決算の会社に勤めている人に需要があるタイプです。

見た目も機能性も、シンプルでビジネス向きなものが揃っています。

種類は決して多くなく、7月始まりにこだわるなら他の点は少し妥協しなければいけないかもしれません。

10月始まり

あまりなじみがないかもしれませんが、意外と商品数は多くあります。

欧米諸国では9月や10月を新年度の始まりとしているため、海外の学校や会社のスケジュールに合わせやすいのが特徴です。

最近では日本でも海外に合わせて秋入学・秋入社を導入し始めたところがあり、今後さらにラインナップが充実していきそうです。

1月始まりや4月始まりの手帳で挫折してしまった人が、年度の後半から再挑戦するときに選ばれやすいタイプでもあります。

手帳の仕様で選ぶ

手帳は仕様によって大きく2つに分けられます。

  • じ手帳
  • システム手帳

じ手帳

綴じ手帳は1年で1冊を使い切るタイプです。

商品数が豊富でリーズナブルなので、手帳ユーザーの多くは綴じタイプを愛用しています。軽くて持ち運びしやすいのも大きなメリットです。

一方で、後からページを足したりフォーマットを変えたりすることができないので、自由にカスタムしたい人にはあまり向いていません。

システム手帳

システム手帳はバインダーとリフィル(中の紙)を分けることができます。主にビジネス用として人気です。

リフィルを一枚一枚入れ替えたり付け足したりできるので、綴じタイプに比べて自由度は非常に高いと言えるでしょう。

一方で、綴じタイプに比べると重さや厚さがあるので持ち運びにくく、価格もややお高めなのがデメリット。

また、はじめのうちは自分に合ったリフィルを見つけるのに時間がかかるかもしれません。

その代わり、毎年使って自分好みのカスタムを考えるうちに愛着がどんどん湧いてくるでしょう。

バインダー部分は何年も使い続けられるので、ひとつのものを長く使いたい人に向いているタイプです。

手帳のサイズで選ぶ

手帳はスマホ並みのコンパクトサイズから、1ページにたっぷり書けるビッグサイズまであります。サイズ選びのポイントは以下の4つです。

  • 持ち運びの頻度
  • かばんの大きさ
  • 書きたい情報の量
  • 自分の文字の大きさ

持ち運ぶことが多いなら小さく軽いタイプが向いていますが、小さすぎて書きたいことが書けないようでは本末転倒です。

この4つを総合的に見て、一番使いやすそうなものを選びましょう。

一般的な手帳のサイズ

もっとも人気で商品数も多いのは、大きすぎず小さすぎないB6やバイブル(聖書)サイズ。

初めての手帳で書く量などがイマイチよくわからない場合は、この定番サイズがおすすめです。

手帳のフォーマットで選ぶ

手帳のフォーマットが合っているかどうかは、使い勝手を大きく左右するポイントです。

マンスリー・ウィークリー・デイリーの3タイプがありますが、フォーマットの種類によってそれぞれさらに細かく分類されます。

フォーマット選びで失敗して挫折してしまう人も多いので、しっかりチェックしておきましょう。

マンスリータイプ

見開きに1ヶ月の予定がすべて書けるのがマンスリータイプ。

1日に書く量が少なめの人や、数日~数週間単位の長期予定が多い人におすすめです。

ブロック式

カレンダーによく似たフォーマットです。ブロック式は『日曜始まり』と『月曜始まり』があります。

カレンダーと同じ感覚で使いたい人には日曜始まり、平日は仕事で土日が休みの人には月曜始まりタイプがおすすめ。

横罫式

予定を縦軸で管理したい人に適したフォーマットです。旅行や出張が多い人に向いています。

ウィークリータイプ

マンスリータイプではスペースが足りないという人におすすめなのがウィークリータイプ。

1週間以上の長期予定が少ない人、予定以外にメモやTODOリストも書き込みたい人に向いています。

ブロック式

箇条書きでTODOリストや予定を書きたい人、予定と一緒に仕事や課題のメモを書き込みたい人に適したフォーマットです。

バーチカル式

横軸が日付、縦軸が時間になっており、複数プロジェクトの工程管理に便利なフォーマットです。

複数のタスクを並行してこなさなければいけない人や、ガントチャートを使い慣れている人におすすめ。

週間レフト式

左側に1週間分の予定を書き込み、右側はフリースペースとして使えるフォーマットです。

予定とメモを分けて記入でき、ウィークリータイプの中でも自由度は高いと言えるでしょう。

デイリータイプ

1ページにたっぷり1日分が書けるのがデイリータイプ。もっとも自由度が高いフォーマットです。

手帳を「書く」ことそのものを楽しみたい人、イラストや図を書きたい人、とにかく書く量が多いという人におすすめ。

ビジネスパーソンに最適!バイブル(聖書)サイズの名入れシステム手帳

ビジネス用の手帳でもっとも人気なのは、大きすぎず小さすぎず、収納性と携帯性のバランスが絶妙な「バイブルサイズ」のシステム手帳。

このサイズは市販のリフィルも種類が豊富なので、自分好みにカスタマイズしながら長く愛用できます。

使い勝手のいいサイズなので、自分用はもちろんプレゼントにもぴったりです。

当店のラインナップから、そんなバイブルサイズの名入れ手帳を厳選してご紹介します。

ダ・ヴィンチ 本革システム手帳 聖書サイズ

「ダ・ヴィンチ」シリーズのシステム手帳は素材と機能性にこだわって作られており、多くのビジネスパーソンから高い評価を受けています。

カバーに使われている本革は、柔らかな感触で手になじむ「スーパーロイス」。

ツヤのある本革に刻まれた消えない彫刻が、品質の良さを際立たせます。

PUシステム手帳 聖書サイズ

毎日使っても飽きが来ない、シンプル設計のシステム手帳です。

カバーはフェイクレザーですが、弾力性や柔軟性が本革に近いPUレザーを使用しています。

本革のような質感でありながら水や汚れに強く、忙しい毎日の強い味方になってくれるでしょう。

名入れ専門店の確かな技術で、丁寧にお名前を彫刻します。

さいごに

理想の使い方ができる手帳を選べば、新しい1年がこれまで以上に充実したものとなるでしょう。

忙しい毎日を前向きな気持ちで過ごすために、ぜひ自分にぴったりな手帳を探してみてくださいね。