ブランドボールペン

ギフトに日本の二大筆記具ブランド!それぞれの歴史や特色もご紹介。

前回は外国のブランドCROSS、PARKER、WATERMANをご紹介しました。
どれも高いクラフトマンシップをもったブランドでしたが、日本のブランドも負けてはいません!今回は国内の2大筆記具ブランドをご紹介します。

目次

  • 国産万年筆の元祖 PILOT
  • 国産鉛筆の元祖 三菱鉛筆
  • さいごに
  • PILOT[パイロット]

    パイロットは純国産万年筆を生み出した日本の総合文具ブランドです。
    「消せるボールペン」フリクションブランドでも世界的に知られています。

    PILOTの歴史

    東京商船大学出身で同校の教授であったPILOT創始者の1人である並木良輔は、製図の際に烏口を使用していたのですが、ペン先の減りが早く、何度もインクを付けなければならないところを不便と感じていました。もっと便利にならないかと考えた末、1909年、軸にインク貯蔵機能を持った「並木式烏口」を開発し特許を取得します。

    その後、烏口よりも万人に使われている便利なペンとして万年筆に興味を持ち、教鞭を取りつつ万年筆のペン先開発を始めました。減りやすいペン先をどんな素材で作るかを考え、北海道で天然イリドスミン鉱石を見つけ6年かけて加工に成功します。が、ペン先完成間近というところで研究資金が底をつきます。

    そこで手を差し伸べたのが、もう1人のPILOT創始者である和田正雄です。並木と和田は東京商船大学の旧友であり、和田は実業家でした。膨大な資金援助を受けた並木は世界に誇る純国産金ペンを完成させました。それを見た和田は当時行っていた事業をやめ、並木とともに万年筆事業をすることに決めます。

    1918年、2人は東京日本橋に株式会社並木製作所を設立。船舶用語で水先人を表し、業界を先導する意味を込めた「パイロット」と沈まない不屈の精神を表す「浮き輪」を商標に、純国産万年筆の生産販売を始めました。

    ※このときライバル企業のセーラー万年筆が先に船に関係する名前を付けており、パイロットという名前はその対抗意識の表れともいわれています。

    1925年に堅牢性の高い漆を使用したペン軸「ラッカナイト」を開発し、日米で特許を取得します。そしてラッカナイト軸に日本の伝統工芸である蒔絵を施した万年筆が誕生します。

    翌年の1926年、のちの人間国宝である蒔絵師の松田権六氏をはじめ多くの作家を招き、蒔絵万年筆の製作にかかります。その作家集団はのちに「国光会(國光會)」と呼ばれ、世界に誇る蒔絵を現在まで受け継いでいます。

    同年、並木と和田は海外を視察し、ニューヨーク・ロンドン・上海・シンガポールに支店と販売拠点を開設。また、欧米への蒔絵万年筆の輸出を開始しました。その実用性と美しさから世界各国で注目を集めます。

    1927年、シャープペンシルの製造と販売を開始。

    1930年、イギリスを代表する高級ファッションブランドであるダンヒル社と欧州地域の販売代理契約し、「ダンヒル・ナミキ」が誕生。パイロットの評価は世界的に揺るぎないものとなりました。

    1938年、社名を「パイロット萬年筆株式会社」に変更します。

    1960年頃には油性マーキングペンや高級ボールペンを製造販売。1963年には世界初のキャップレス万年筆を開発、販売し、翌年パリで開かれた国際ギフトフェアで最優秀オスカー賞を受賞します。

    その後はボールペンにも力を入れるようになり、耐摩耗性に優れるステンレスチップの製造を開始。また、1965年にはステンレスチップを使用した世界初のボール径0.5mm極細字用ボールペンの製品化に成功。

    翌年1966年、ホワイトボードとホワイトボードマーカーの国内初の製造販売を開始。万年筆メーカーから総合筆記具メーカーへと着実に進化していきました。

    その後、現代の日本人にあった日本の文字のための万年筆である「カスタム」シリーズや、水性ボールペン、磁気による筆記を可能とするパネル、ボールペンとシャープペンシルが1本になった多機能筆記具、ゲルインクボールペンなど多数の商品を開発し販売してきました。

    そして1989年、社名を「株式会社パイロット」に改称します。海外拠点を更に増やし、2002年には株式移転により「親会社となるパイロットホールディングス」を立ち上げ、2003年に併合し、「株式会社パイロットコーポレーション」となりました。

    2006年、こすると消えるボールペンでおなじみの「フリクションボール」が発売されました。2008年にはなめらかに書ける低粘度油性ボールペン「アクロボール」が発売されます。

    そして2018年には創立100周年を迎えました。

    パイロットの特色

    パイロットは万年筆から始まり、総合筆記具メーカーとなるまでに様々な副産物も生み出しています。ペン先に用いたレアメタル加工技術から宝飾製品や、幼児玩具のメルちゃんシリーズ、産業資材など筆記具・文具のみならず様々な分野で活躍しています。

    また書くことにこだわりをもった会社ということもあり、ペン習字通信講座なども行っています。

    ギフトとしては万年筆の老舗であり、また高級ボールペンも昔から手掛けていたため、万年筆、ボールペン共に低価格なものが主流となった今でもそのクオリティは成熟し研ぎ澄まされたものを感じます。また、日本の言葉を綴るためにつくられたモデルも存在し、海外にもブランドが浸透しているので日本人はもちろん海外の方へのジャパニーズギフトとしても贈りやすいのではないでしょうか。

    PILOTのペンはこちら

    三菱鉛筆[みつびしえんぴつ]

    三菱鉛筆は日本で初めて国産鉛筆を生み出した総合文具メーカーです。

    三菱鉛筆の歴史

    三菱鉛筆創業者の眞崎仁六は1878年にパリで行われた万博で鉛筆というものを初めて目にし、大変感動しました。そして鉛筆を日本でも再現しようと様々な研究と努力を重ね、ついに日本初の鉛筆工業生産に成功しました。

    1887年、現在の新宿区に眞崎鉛筆製造所を創業。

    1901年には初の国産鉛筆「局用鉛筆」を今の総務省・日本郵政・NTTグループである逓信省の御用品として採用されました。そして局用鉛筆の硬度は1号・2号・3号の3種類があったことと、眞崎家の家紋がミツウロコであったことを合わせて図案化し、三菱のマークが生まれました。三菱のマークであるスリーダイヤと「三菱」という商標は1903年に商標登録され、三菱財閥が商標登録する10年前には既に三菱(鉛筆)が存在していたことになります。

    ※三菱鉛筆と三菱財閥(三菱グループ)は別の会社です。

    この後、2度に渡る世界大戦の中、今まで輸入していた鉛筆の供給が止まったため、鉛筆は国内メーカーが供給源となり、三菱の他にも多数の会社が鉛筆を製造しました。終戦後、国内生産された鉛筆を輸出することとなったのですが、一部の業者が粗悪な品質の鉛筆を生産していた影響で海外での日本製鉛筆の評判は地に落ちてしまいます。

    1952年、三菱は三菱鉛筆へと社名を変えました。そして1953年に鉛筆の海外視察ということで欧州へと旅立った三菱鉛筆技術部長の数原洋二は現地で日本製鉛筆の評判の低さを知ることとなります。この経験から「名実ともに日本の鉛筆が海外から評価されるためには、輸入品の影響から脱したオリジナリティのある高級鉛筆を開発しなければならない」と強い決意を抱きました。またそれに加え、一番の競合メーカーであるトンボ鉛筆の「ホモ」が三菱の鉛筆よりも1本10~20円近く高いものであっても売れていたことから「最高の品質こそ 最大のサービス」という社是のもと、品質の高い高級鉛筆の開発を開始します。

    「Bの黒さでHの濃さ」の「世界一の鉛筆」を目指し、粘土の微粒子化の高い技術を活かして、黒鉛と粘土の粒子をより細かく均一にする技術を確立するなど、約5年に渡る開発を重ね、また本体を形成する木材も一から選定し直し、かつてないなめらかな書き味の鉛筆が完成しました。

    1957年、本体が決まり、次はデザインということで日本の生活デザインの父とも呼ばれる秋岡芳夫氏をメンバーに加え、輸入品と並ぶ1本50円という価格や、どこともかぶることのない本体のえび茶色、プラスチック製のダース箱といった売り方とuniqueを由来とした「uni」という名称が決まりました。

    そして1958年、コーヒー1杯が50円の時代。三菱鉛筆はその1本50円という価格から不安を抱え需要が限られると見込み製図用鉛筆として売り出すのですが、それとは裏目に爆発的な人気を呼びました。1960年頃の高度経済成長の追い風も受け発売から6年で予定販売数の10倍以上の大ヒットとなりました。

    その後シャープペンシルやボールペンが登場し、1965年をピークに国内の鉛筆生産数は減少していきましたが、uniの名称は60周年を迎えた現代にも引き継がれています。そして時代に合わせ三菱鉛筆もペンを開発します。ポスカやピュアモルト、クルトガ、ジェットストリームなどを次々に生み出し今に至ります。

    三菱鉛筆の特色

    「最高の品質こそ 最大のサービス」という社是のもとに今でも製品の開発をしています。
    近年のヒット商品である2006年発売の低粘度油性ボールペンのジェットストリームは、筆圧が弱く、油性ボールペンが苦手な開発担当者が軽く書けるボールペンを目指して考案し、ペン先の摩擦係数を下げるためにインクの素材を10000通り以上配合するなど1からベストな配合を探してそれに合わせたチップを開発。培ってきた技術がありながらも最高の品質を目指すならイチからでも作る。そういったところが鉛筆を開発していた時代から受け継がれる三菱鉛筆らしさではないでしょうか。

    品質はもちろんのこと、実用性もしっかり考え開発されているので、ギフトとして贈る際も相手が社会人であったり、日常生活で日々使ってほしいような場合にはぴったりですね!

    三菱鉛筆のペンはこちら

    さいごに

    今回は国内筆記具ブランドということでPILOTと三菱鉛筆をご紹介しました。どちらも夢を追いかけ想いを追求しそれが認められて成長した会社でしたね。
    国産である安心感や、実用性などを求めるギフトの場合は国産ブランドを選んでみてはいかがでしょうか。

    きざむでは今回ご紹介した国産2ブランドの他にも多くの国内外ペンブランドを取り扱っており、またすべての商品に名入れができます。
    また、ペンだけでなく名刺入れなどを組み合わせたギフトセットもございます。
    ぜひチェックしてみてください!

    ギフトにぴったりの海外ペンブランド3選!それぞれの歴史や特色などもご紹介。

    ボールペンをギフトに選ぶとき、少し良いものをと海外のブランドペンを考える方も多いと思います。そこで、ギフトによく選ばれるボールペンの海外ブランドとその歴史や特色についてご紹介していきます。

    目次

  • アメリカの老舗ブランドCROSS
  • 英国王室御用達の筆記具ブランドPARKER
  • 万年筆に革命を起こしたパリブランドWATERMAN
  • さいごに
  • CROSS[クロス]

    クロスは米国で最も長い歴史を誇り、機能の分野で26以上の特許を取得し筆記具に革命的な影響を与えたブランドです。

    CROSSの歴史

    1846年、英国でペンシルを製造していたリチャード・クロスとエドワード・W・ ブラッドバリーはアメリカに渡り事業を開始。当初は壮麗な装飾を施した金銀のペンシル用ホルダーを製造していました。
    また、創業の1846年は後にCROSSに大きな影響を与えるリチャード・クロスの長男、アロンゾ・タウンゼント・クロスが生まれた年でもあります。
    1873年、アロンゾが初の特許を米国で取得しペンシルケース、ペンホルダーを発明します。
    1880年代にかけては、望遠鏡のように伸縮自在な「望遠鏡式ペンシル」や、ボールペンの先駆けとなる「スタイログラフィックペン」、シャープペンシルの原型となる「繰り出し式ペンシル」を発明し、米国で26、英国で7つの特許を取得しました。
    1880年、ロードアイランド州に蒸気エンジンを採用した工場を設立。
    1889年、CROSS初の万年筆の製造。その精巧なデザインから比類ないという意味のPeerlessと名付けられアメリカで大ヒットします。
    1916年、アロンゾが引退。そのため、2代に渡りCROSSに従事していたボス家のウォルター・R・ボスがCROSSを買収。ボス家はその後のビジネスを引き継ぎクロスはさらに洗練されたデザインの筆記具を次々に開発していきます。
    1946年、クロスの代表的商品「センチュリー」が登場。その細身でエレガントなフォルムと円錐形のコニカルトップはその後のCROSS製品のシンボルとなります。
    1949年には使用年数にかかわらず生涯筆記具の基本機能を保証する「機構上永久保証制度」を導入し。高い品質を象徴する制度として現在にも引き継がれています。
    1970年には初の海外販売拠点として日本法人を設立。それ以降クロスは世界各局に拠点を広げていきました。
    2015年、創業170周年を控えたCROSSはブランディングを刷新します。ブランドロゴをブラックとゴールデンイエローを基調とし、ライオンをシンボルとしました。
    2016年、創業170周年を迎え、世界140か国でアメリカを代表する筆記具メーカーとして愛されています。

    CROSSの特色

    CROSSの特徴は、なんといっても機構上永久保証制度ではないでしょうか。品質に自信をもち、優れた技術をペンに注いできた高いクラフトマンシップの表れとも言えます。
    そして、CROSSを代表する機構として「セレクチップローラーボール」というテクノロジーがあります。これは対応モデルのペンに内蔵されているリフィルを変えることによりペン先の好みを選べるというものです。コーポレートギフトとして親しまれていたという歴史もあり、「セレクチップローラーボール」にはギフトとして相手の好みを考え選び、贈る楽しさも込められています。

    最近ではオバマ前大統領がCROSSのペンを愛用していたということで知られています。またトランプ大統領も署名に使用しており、ポーラス芯を用いて力強いサインをしています。
    実用性の高さなど贈ったあとにも使い方など考えて楽しめるペンギフトとしてCROSSはおすすめです。

    CROSSのペンはこちら

    PARKER[パーカー]

    パーカーはアメリカで生まれ、イギリスでエリザベス女王とウェールズ公チャールズ皇太子から「ロイヤルワラント」の称号を授かった英国王室御用達の筆記具ブランドです。

    PARKERの歴史

    1888年、創業者であるジョージ・サッフォード・パーカーがPARKERを設立し、翌年から万年筆の販売を開始しました。
    1894年、万年筆のインク漏れを防止するシステム「ラッキー・カーブ」を発明し、筆記具業界に飛躍的な進歩をもたらしましす。
    1914年、第一次大戦中には水に浸すと固形インクが溶け、書けるようになる「トレンチペン」を開発し軍用品としてアメリカ旧陸軍省へ供給。
    戦後の1921年にはフラッグシップモデルの万年筆「デュオフィールド」を発売。当時は珍しかった色鮮やかなオレンジ色のカラーから「ビッグレッド」とも呼ばれました。
    1945年、第二次世界大戦が終結。ダグラス・マッカーサーが日本の降伏文書の調印に「デュオフォールド」を使用しています。
    1954年、パーカー初のボールペン「ジョッター」が生まれ、1957年にはPARKERを象徴する矢羽クリップが正式にブランドアイコンとなりました。
    1962年、ヨーロッパ本部がロンドンに置かれていることもあり、エリザベス女王から「ロイヤルワラント」の称号を授かり、英国王室御用達の筆記具ブランドとなります。
    1987年、イギリス資本が入ったことにより、本部がイギリスに移転。イギリスの会社となりました。
    1990年、ウェールズ公チャールズ皇太子からパーカー2つ目となる「ロイヤルワラント」の称号を授かります。
    1993年にはアメリカにある世界最大の一般消費財メーカーであるP&G傘下のジレット社に買収されます。
    2000年にはニューウェル・ラバーメイド・グループのオフィス用具部門の世界最大の筆記具ブランドグループ「サンフォード」の傘下となり、2009年にはイギリスにある工場が閉鎖され、生産拠点がフランスとなりました。

    PARKERの特色

    PARKERは「優れたペンを作り上げることは常に可能である」というジョージ・サッフォード・パーカーの言葉のもとに革新的な筆記具を作り続けています。大企業の傘下となった今でもPARKERブランドのクオリティ(品質)、クラフトマンシップ(細部へのこだわり)、イノベーション(革新)は引き継がれており、英国王室に認められた証であるロイヤルワラントを保持し続けているのが何よりの証明です。
    デザイン面ではそのシンプルで美しいデザインに加え、ブランドアイコンである矢羽クリップにより胸ポケットに挿してあってもひと目でPARKERだとわかります。
    創業から130年以上経った現在でも「世界で最も愛されているペン」として世界中で親しまれており、日本でも海外ブランドのペンといえばPARKERをイメージする方も多いです。
    ギフトに贈るペンに迷ったらPARKERを選べば間違いありませんね。

    PARKERのペンはこちら

    WATERMAN[ウォーターマン]

    WATERMANは世界で初めて毛細管現象を利用したペン先を開発し万年筆に革命を起こしたメーカーです。

    WATERMANの歴史

    ニューヨークで保険外交員をしていたルイス・エドソン・ウォーターマンは、とある大口契約を交わす際にペンのインク漏れが原因で契約を逃していまいます。この経験から1883年、現代の万年筆にも受け継がれる「毛細管現象を応用した万年筆」を世界で初めて開発することとなります。
    1884年、特許を取得しIdeal Pen Companyを創業。1888年に社名をL.E.WATERMANへ変更します。
    1895年、丸善(現、丸善雄松堂)がL.E.WATERMANの万年筆輸入販売を開始。現在主流の泉式万年筆販売としては日本で初めての流通となります。
    1899年、「スプーン・フィールド」供給システムを開発。このシステムによりインク漏れを防ぐことが可能となります。
    1900年、「L.E.WATERMAN」のペンがパリ国際博覧会で金賞を受賞。フランスでの知名度が高まりました。
    1904年、世界初のクリップ付きのキャップを開発。インク漏れが減ったことでペンを携帯できるようになります。
    1926年、L.E.WATERMANの代理店であるJules Isidore Fagardがフランスに「Jif-WATERMAN」を設立。同時にフランスでもWATERMANの製作が開始されます。
    1927年、「Jif-Waterman」の技術者であったM.Perraudがガラス製のインクカートリッジを開発。
    1954年、アメリカ法人であるL.E.WATERMANが倒産。残されたフランス法人がメインとなります。ここからのWATERMANは現代までフランスの会社として「フランスの誇り」を大切にしており、ブランドの根源をパリとしています。
    また、ブランドの目指す場所も当初の「インクが漏れないペン」から「ペンを自己表現のツールへと昇華」へシフト。フランス人工業デザイナーのアラン・カレを専属デザイナーに起用するなどパリの豊かな文化を取り入れ、エレガントなペンを次々と世に送り出してきました。
    この後、PARKERと同じくアメリカの世界最大の筆記具ブランドグループ「サンフォード」の傘下となるのですが、フランス、パリブランドの誇りを持ち続け、今もすべてのペンをフランスで製作しています。

    WATERMANの特徴

    アメリカで生まれ、パリで育ち、今はすべてのペンがフランス製のウォーターマン。「ライティング・ジュエリー」と称されるエレガンスでラグジュアリーなデザインは万年筆だけでなくボールペンにも取り入れられています。
    デザイン面の他にも、現代の万年筆にも取り入れられている毛細管現象応用技術やクリップ付きキャップ、インクカートリッジなど現代の万年筆の基礎を築き上げたという点でもWATERMANというブランドはとても価値の高いものです。
    上質さ、高級感に重点を置いたペンギフト選びであれば、一番におすすめしたいブランドです。

    WATERMANのペンはこちら

    さいごに

    今回は海外筆記具ブランドということで他にもご紹介したいブランドはあったのですが、まずは代表的なCROSS、PARKER、WATERMANをご紹介しました。
    それぞれ違ったクラフトマンシップのもとに魂を込めてペンを作っています。ギフトとして選ぶときも各ブランドのことを少し意識して贈ると、更に気持ちがこもったギフトになるかもしれませんね。

    きざむでは今回ご紹介した3ブランドの他にも多くのペンブランドを取り扱っており、すべての商品に名入れができます。
    また、ペンだけでなく名刺入れなどを組み合わせたギフトセットもございます。
    ぜひチェックしてみてください!