初めてでも安心。リモート初詣のやり方とは。

リモート初詣(オンライン初詣)

誰にとっても激動の一年になった2020年。

来年こそは幸多く過ごしたいけれど、初詣に行くのはちょっと心配……とお悩みの方も多いと思います。

お正月の「三密」状態を避けるため、年内のうちに「初詣」を済ませたという方も少なくありません。

(ちなみに、年内に前倒して参拝することを「幸先詣(さいさきもうで)」と言うそうです。)

三が日の感染拡大を防ぐため、各地の神社でさまざまな取り組みがされているのをご存じでしょうか。

今回はおうちにいながらお参りができる「リモート初詣(オンライン初詣)」についてご紹介します。

リモート初詣(オンライン初詣)とは?

リモート初詣(オンライン初詣)とは?

リモート初詣とは、パソコンやスマートフォンを使って遠隔で初詣を済ませることです。

2020年5月ごろにメディアで「リモート参拝」が取り上げられてから少しずつ広まり、今年は初詣もリモートで行おうという動きが活発になっています。

実際に神社に足を運ばずに自宅からお参りができるため、昨今の状況を踏まえて取り入れる寺社が増えているようです。

感染予防の一環としてだけでなく、病気の方や足腰の弱い高齢者が気軽に参拝できるメリットがあります。

リモート初詣のやり方

リモート初詣とひと言で言っても、内容は各神社によってさまざま。

今回は代表的な神社の例をご紹介します。

お願い事を神社に送る「ことだまいり」

「ことだまいり」は、石穴稲荷神社が全国ではじめての初詣スタイルとして実施した「距離を超えて祈りを届ける」新しい参拝方法です。

願い事を書家の方がひとり分ずつ半紙にしたためて奉納する「書のかたち」と、専用フォームに入力した願い事を宮司さんが奉納する「文(ふみ)のかたち」があります。

どちらも手続きは全てオンラインで完結し、奉納された願い事はちゃんとお焚き上げまでやってくれるようです。

「書のかたち」では、後日大麻(=神社からもらうお札)かお守りが郵送されます。

詳しくはこちら(石穴稲荷神社公式ホームページ)

動画や画像を見ながらお参り

公式サイトに掲載されている動画や静止画を見ながら、参拝を疑似体験できる方法です。

愛宕神社の「ヴァーチャル参拝」は、大鳥居をくぐるところから手水舎、社殿外観、お賽銭箱、……と、実際のお参りルートに合わせた写真があるので、実際に参拝している気分を味わえます。

社務所のページでは無料でおみくじが引けるようになっていました。

詳しくはこちら(愛宕神社公式ホームページ)

また、奈良の大仏で有名な東大寺では、境内の様子を実際に散策しているように疑似体験できる「3Dバーチャル参拝」が公開されています。

360℃カメラで撮影しているので、グーグルマップと同じようにいろいろな角度で神社内を見ることができて面白いです。

インフォメーションの「i」マークが出ているところをクリックすると、詳しい説明が表示されます。

普段は人混みでなかなか立ち止まって見られないところもゆっくり眺められますよ。

詳しくはこちら(東大寺公式ホームページ)

代理祈祷・通信祈祷

直接参拝できない事情を抱えた人の代わりに本人以外の人が参拝することを「代理祈祷」や「代拝(だいはい)」と言いますが、これはコロナ以前からあるものです。

郵送などで祈祷を申し込み、参拝も神社側でやってもらうスタイルを特に「通信(郵送)祈祷」と呼びます。

祈祷の受付方法は神社によってまちまちなので、事前に申し込み方法をよく確認しておきましょう。

「通信祈祷」に郵便・FAX・メールで申し込みができる神社はこちら(城山八幡宮公式ホームページ)

自宅を神社に見立てる「遥拝」

こちらも代理祈祷と同じく昔からある方法で、神社がある方向に向かって遠く離れたところから拝むことを「遥拝(ようはい)」と言います。

本来は専用に設けられた「遥拝所」からするものですが、今年は家をきれいに掃除して仮の遥拝所としてみるのもいいでしょう。

大掃除にも気合が入りそうですね。

神棚があるご家庭では神棚を通じて「二拝二拍手一拝」をします。(なければ神社の方向に向かってすればOK)

リモート初詣のお賽銭はどうする?

近年ではQRコードや電子マネー、クレジットカードなどを使ったオンライン決済に対応しているところが増えてきました。

しかし、キャッシュレスのお賽銭はオンライン上ではなく、神社に掲示されているQRコードを読み取るなどして行う必要があります。

リモートで初詣するときのお賽銭はどうしたらいいのでしょうか。

ライブ配信で「投げ銭」

動画配信サービスを使ったリモート初詣を予定している神社もあります。

動画のライブ配信中にはいわゆるおひねりを「投げ銭」と称して送金することができ、この機能を使ってお金をお賽銭として送金することができます。

ライブ配信を予定している神社はこちら(平等寺公式ホームページ)

リモート初詣でもお守り・御朱印がほしい!

リモート初詣の流れに合わせ、オンラインでお守りなどを受け取れる「オンライン授与所」を開設しているところもあります。

品目は神社によってまちまちなので、オンライン授与所をいろいろ見て回ってから参拝するところを決めるのもいいかも。

お守り・御朱印・飾り絵馬などを取り扱っている「オンライン授与所」はこちら(福島八幡宮公式ホームページ)

さいごに

リモートでお参りすることにはまだまだ賛否両論ありますが、普段は足を運べない遠方の神社を知る良い機会です。

詳細を知りたい方はぜひ公式サイトでチェックしてみてください。

ちなみに、お正月三が日のうちにお参りするようになったのは明治以降のことで、比較的新しい風習だとか。

それまでは「外に出かけていると神様が運んできた運気をもらいそびれる」という考えがあったため、自宅や地元の神社にこもって過ごすのが一般的だったそうです。

対面のお参りするのは次の年に取っておき、今年はおうちでゆっくりしながらのお参りを堪能しましょう。